育友会で大学見学に行ってきました。

10月12日(水)、育友会の保護者の皆様と大学見学に行ってきました。

実に3年ぶりの実施となり、今回は九州産業大学へ行ってきました。

大学の特色や施設などについて、担当者から丁寧に説明をしていただきました。

再生紙をつくりました。

9月29日(木)、普通科3年2組の生徒が授業の一環として、再生紙をつくりました。

これは、1・2年生が鴻城探究で取り組んでいる課題の一つ『ゴミを減らす取り組み ~シュレッダーのゴミから再生紙をつくる~』が他の生徒でも可能かどうかを検証するものでした。

生徒たちはグループに分かれて、シュレッダーの紙くずをミキサーにかけて細かく裁断した後、水につけて柔らかくして、すいていきました。

合計で240枚の紙をつくることができました。

今後は、完成した紙の使用方法や簡単につくる方法などを引き続き探究していきます。

オンラインで国際交流をしました。

9月27日(火)、普通科特進コース1年生有志が、国際協力NGO ボランティアプラットフォーム主催の『カンボジア農村小学校での国際交流LIVE』に参加しました。

Zoomでカンボジアの小学校と日本の他の参加校を結び、クイズや合唱などを楽しみました。

短時間でしたが、生徒たちは貴重な体験をすることができました。

若者との市政懇談会に参加しました。

7月22日(金)、普通科特進コースの生徒有志が「若者との市政懇談会」に参加しました。

これは、宇部市が若者の市政に参画する機会を創出し、若い意見や提案を市政に反映することを目的に、宇部市役所で開催されました。

今回は「国道190号(常盤通り)のウォーカブル化と中心市街地の活性化」について、篠﨑 圭二 宇部市長や担当者らと意見交換をしました。

本校からは、名物のかまぼこを使用した料理や宇部ラーメンなどが出店する「食フェス」の開催、子どもの遊び場作りのための常盤通り「芝生化」を提案しました。

商店街の清掃活動を行いました。

5月22日(日)、普通科特進コースの生徒が、宇部市新天町のアーケード商店街で清掃活動を行いました。

これは、探究活動『新天町アーケード街の活性化』の一環として、昨年度から定期的に行われているものです。

これらの活動が、少しでも地元の活性化へとつながればと考えています。

商店街の清掃活動を行いました。

3月20日(日)、普通科特進コースの生徒と生徒会有志が、探究活動『新天町アーケード街の活性化』の一環として、宇部市新天町のアーケード商店街で清掃活動を行いました。

また、先日製作した『足踏み式消毒スタンド』を中津瀬神社に寄贈しました。

今後も、月に1度のペースで商店街の清掃活動を行っていきます。

足踏み式消毒スタンドを製作しました。

3月15日(火)、普通科特進コースの生徒有志が、探究活動『新天町アーケード街の活性化』の一環として、足踏み式消毒スタンドを製作しました。

木材を切ったり、ネジで止めたり、使い慣れない工具に悪戦苦闘しながら、2日間かけて完成させました。

生徒たちは月1回のペースで商店街の清掃活動を行っており、今月は20日(日)に行います。

その際に、製作したスタンドを持参し、商店街にある中津瀬神社に寄贈する予定です。

商店街の清掃活動を行いました。

2月20日(日)、普通科特進コースの生徒と生徒会有志が、宇部市新天町のアーケード商店街で清掃活動を行いました。

これは、探究活動『新天町アーケード街の活性化』の一環として行われました。

中津瀬神社を中心に、アーケード内をきれいに清掃していきました。