事務室より

山口県より『新型コロナウイルス感染症に係る影響により家計が急変した方への授業料減免制度』について別添のとおり案内がありました。

対象となる方は、支援金が9,900円または0円で、家計急変後、非課税世帯と同程度となっている方です。

上記に該当する方は、本校事務室(電話:0836-41-8109、平日 8:30~17:00)までご連絡ください。

〈別添ファイル〉https://www.ubekojo-h.ed.jp/download/2021/covid-19_genmen.pdf

駅前の花壇に花を植えました。

11月18日(木)、普通科特進コース1・2年生有志が探究活動(地域貢献)の一環として、宇部駅前の花壇に花を植えました。

『宇部駅前の活性化』をめざすべく、その足掛かりとして、宇部鴻城生が普段から通学で利用している駅前の花壇に花を植えていきました。

この日は、西宇部自治会長様や社会福祉法人 むべの里光栄の職員の方など、地元の方々と一緒に汗を流しました。

今後もこのような活動を継続してまいります。


11月25日(木)付の宇部日報に、この件に関する記事が掲載されました。

出前授業が行われました。

11月16日(火)、普通科普通コース1年生を対象に、介護・福祉に関する出前授業が行われました。

これは、高校生に介護職に関心を持ってもらう目的で、『ふくしの寺子屋出前授業』として、一般社団法人 山口県介護福祉士会によって企画されたものです。

実際に介護の現場で働いている方から、介護の現状や仕事のやりがい等の話を聞き、メモをとったり質問をしたりしていました。

11月17日(水)付の宇部日報に、この件に関する記事が掲載されました。

意見交換会を行いました。

11月10日(水)、普通科特進コース1・2年生有志が探究活動(地域貢献)の一環として、『宇部市の活性化』に関する意見交換会を行いました。

新天町アーケード周辺の活気づくりや旧井筒屋跡地の有効な活用法など、 宇部市の担当者と様々な意見を交わしました。

第3回オープンスクールが行われました。

11月6日(土)、第3回オープンスクールが行われました。

今回は『入試を体験しよう!』をテーマに、入試体験入試対策講座などのイベントを用意しました。

校長による歓迎の挨拶や入試説明会の後、実際の入試の雰囲気を体験してもらうため、本番さながらに模擬試験を解きました。

その後、国語・数学・英語・面接対策の各講座に分かれて、それぞれ解説授業を受けました。

また、個別相談会や本校の保護者による休憩コーナーも設けられました。

これにて、本校の全てのオープンスクールが終了しました。

参加してくださった方々、本当にありがとうございました!

来年の4月に、一人でも多くの皆さんとお会いできるのを楽しみにしております😉

文化祭が行われました。

11月1日(月)2日(火)の2日間、文化祭が行われました。

今年は一般公開を中止し、密を防ぐため、吹奏楽部などの各部活動の発表を学年ごとに鑑賞する2部制で行われました。

このような限られた中での文化祭でも、有志によるステージ発表やクラス展示など、生徒たちは楽しんでいました。

高校生カフェを開店しました。

10月30日(土)、普通科特進コース1・2年生有志が地域貢献の一環として、高校生カフェを1日限定で開店しました。

新天町アーケード内のコミュニティースペース『ようこそ』をお借りし、『ハロウィーン🦇』をコンセプトに、地域の方々の力も借りながら、企画・事前準備から当日の運営まで生徒主体で取り組みました。

開店してすぐに、数名のお客様が来店してくださいました。

また、宇部市長もお見えになり、激励の言葉を掛けてくださいました。

地域の皆様方に多く来店していただき、また、開店当日まで多岐にわたりご協力いただきまして、誠にありがとうございました。

今後もこのような地域貢献活動を続けて参りますので、よろしくお願いいたします。

11月1日(月)付の宇部日報に、高校生カフェに関する記事が掲載されました。

宇部駅前の花壇を整理しました。

10月28日(木)、普通科特進コース1・2年生有志が、地域貢献の一環として、宇部駅前の花壇を整理しました。

この日は、花壇に植えてある花を抜いて、新しい花を植える準備をしました。

11月18日(木)に新しい花を植える予定です。